読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国エンタメアソート

Make The World Happy!

子供の日に児童養護施設でイベントを開催

 Happy Elementsは、中国の子供の日である6月1日に、中国河北省趙県の児童養護施設「希望の家」の50人の孤児のために子供の日のイベントを開催しました。

Happy Elementsの従業員ボランティア、「Anipop (开心消消乐)」のユーザー代表、そして河北人民ラジオのリスナーたちが、子供たちと一緒に遊び、子供の日を祝いました。Happy Elementsは、子供たちのために色々な面白いゲームを用意し、絵描きゲームでは、子供たちが自分の思う「happy」を描きました。最後にはHappy Elementsから、「Anipop (开心消消乐)」のキャラクターグッズをプレゼントしました。

六年支援し続ける

子供の日のお祝いイベントは、「希望の家」のダイニングスペースで行われ、笑い声に溢れたこの場所は、Happy Elementsの寄付で改装を完成しました。

趙県の「希望の家」は、2001年に設立した施設であり、当初は資金不足で運営が厳しい状況でした。「2005年に、最初の1人の孤児を引き取ってから、最大150名の子供を養護したことがあります。引き取る子供の人数が多くなり、古い施設の環境は子供たちのニーズに答えられなくなってきました。」と創立者の冯 院長が記者に語りました。

2011年からHappy Elementsは「希望の家」に寄付を続けており、寄付金はキッチンや部屋の建築工事、そしてWebサイトの制作に使われています。また、本や家電を寄贈し、休日には子どもたちと一緒に過ごして彼らの成長をサポートしています。

人々に「希望の家」のことをもっと知ってもらうために、Happy Elementsは「希望の家」のオフィシャルサイトを制作したり、子どもたちと「希望の家」のショートフィルムを製作したり、「希望の家」を出ても社会に溶け込めるように、インターネットを子供たちに教えました。

「CSRはHappy Elementsの会社文化の一部で、『世界をより楽しく』というわれわれのビジョンの重要な一環でもあります。」と、Happy Elementsの王 海寧CEOが語りました。「それは、ユーザーに楽しいゲーム体験を提供するだけではありません。子どもたちが楽しく成長できる環境作りも重要です。インターネットで公共の利益を実現するという新たなCSRの形態で、われわれインターネット企業の独自性を発揮し、子どもたちが時代とともに成長できるように、今後も支援を続けていきます。」

 

f:id:happyelements-pr:20160602162102j:plain

 

f:id:happyelements-pr:20160311154217j:plain