読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国エンタメアソート

Make The World Happy!

映画『君の名は。』中国プロモーションのタイムライン【抄訳】

本記事は、「三文娱」の記事「4天进账3.18亿,《你的名字。》的营销简析」を抄訳しています。

アニメ映画『君の名は。』は中国で劇場公開後、初日は7500万元(約13億円)、4日間で3.18億元(約50.2億円)の興行収入をたたき出し、一週間前に公開されたのディズニー最新作映画『モアナと伝説の海』さえも大きく引き離した。
『君の名は。』の日本公開から中国公開後のプロモーションは、おおむね三段階に分けることが出来る:
1.仕込み期(8月26日~11月7日:中国国内上映時間確定まで、小出しに情報発信)
2.膨らまし期(11月18日:新海誠監督登壇の中国イベント、その後数日間のイベント)
3.爆発期(11月29日:ビリビリの映画鑑賞動員イベント~現在)

具体的にまとめると、

 

1.仕込み期
8月26日:日本の劇場公開
9月29日:中国輸入・上映確定
11月7日:上映時間確定
11月8日~11月17日: 場面カットシーン、情報などをリリース

 

9月29日時点で、映画公開からのタイムラグから、海賊版コンテンツはほとんどネット条で見つけられず、新規客は映画館で見ざるを得ない状況となった。
また、日本国内のヒットが中国の二次元ユーザー層の間で話題になり、映画の上映時間が確定するまで、ほとんどの宣伝はユーザーが自発的に行っていた。なお、中国の「アニメ映画が海外より半年遅れ」の不文律に反し、『君の名は。』は日本の劇場公開からわずか3ヶ月後に中国上映を果たしたため、ファンからの反響は上々だった。この段階のプロモーションのターゲットユーザーは二次元コア層である。

2.膨らまし期

11月18日:新海誠監督が登壇する中国イベントを実施、好評だった

11月20日:ティザームービー1が公開される

11月21日:試写会、発表会、サイン会を実施

11月21日: 全国先行上映キャンペーン

11月22日 :タイムトラベルをイメージする写真フィルターをリリース

 

11月18日、新海誠監督登壇の中国イベント好評に合わせて公式プロモーションが増大した。11月21日からの3日間、試写会・発表会・サイン会が連続開催され、試写会ではパブリッシャーの光線伝媒が中国大手メディアを招待し、有名人の話題創出力を最大限に活用した。また、新海誠監督の協力的な対応もあり、イベントの注目度が大きく高まるとともに一般層にも響くことになった。全国先行上映キャンペーンでは、中国全土11都市でそれぞれ20人を抽選、招待制の先行上映会を行った。

その後、写真画像編集サービスを提供する各大手プラットフォームが『君の名は。』のビジュアルに近いフィルターを配信開始。女性客の大量導入に成功し、また写真加工・編集の拡散効果もあって同作の知名度が更に高まる結果となった。

3.爆発期
11月29日 :ビリビリ主催の映画鑑賞動員イベントを実施
11月29日: SNS転載でチケットプレゼントキャンペーン、グッズプレゼントキャンペーンを実施
11月30日: ティザームービー2が公開される
12月1日: 大手チケット販売サイトで先行販売+チケットペイバック

 

11月29日から、weiboで芸能人や有名人などオピニオンリーダーが続々と転載で映画チケット贈呈するキャンペーンを発動し、同時に映画感想、レビューを大量に投稿。さらに、ビリビリの会員11万人を動員した『君の名は。』映画鑑賞キャンペーンを行なった結果、同作の人気を最高潮に押し上げた。また、配給側が大手チケット販売サイトに対して、同作のチケットのペイバックキャンペーンを展開(1枚についき8~10元・実価格の3割平均を配給側負担)。安めの価格が高校生・中学生など学生層の映画鑑賞のハードルを下げ、人気の後押しを実現した。

 

f:id:happyelements-pr:20160311154217j:plain